用語(や行)

    冠婚葬祭の扉
 <サイト紹介>
 人生の節目節目に行われる冠婚葬祭儀礼。そんな古いしきたりに縛られたくないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
 古いしきたりにはそれなりに生まれた理由があると思います。
 人は一人では生きてゆけません。人の誕生から死に至るまで、年の初めから年の瀬まで、他者とのかかわりの中で精神の発達・
 安寧のために人が生んだ知恵なのではないでしょうか。
 核家族化・人口の都市集中などから伝統が受け継がれにくくなっている現代だからこそ冠婚葬祭の儀礼について、このサイトを
 通して確認し、生活に生かしていただければ幸いです。

用語(や行)

 
    スポンサードリンク 
 
    冠婚葬祭の扉TOP>用語(や行)
 
用語(や行)
 
 
 厄年
 薮入り
 家内喜多留(やなぎだる)
 流鏑馬
 遺言
 結納金
 結納品
 
 
 結納開き
 結肌帯(ゆいはだおび)
 湯灌
 雪祭り
 ゆず湯
 四七日
 ゆるしの秘蹟
 
     
    スポンサードリンク
【冠婚葬祭】
 【冠の扉】
 【婚の扉】
 【葬の扉】
 【祭の扉】
【マ ナ ー】
 【贈答のマナー】
 【応接のマナー】
 【手紙のマナー】
 【服装のマナー】
【用  語】
 【用語】(あ行)
 【用語】(か行)
 【用語】(さ行)
 【用語】(た行)
 【用語】(な行)
 【用語】(は行)
 【用語】(ま行)
 【用語】(や行)
 【用語】(ら行)
 【用語】(わ行)
 
 
Copyright (C) 冠婚葬祭の扉  All Rights Reserved